絶対に抑えておかなければならない猫にNGな食べ物

ねこまんまは猫にとって体に悪い食べ物

 

 

一昔前、まだキャットフードというものが世の中になかったときに猫にあげるご飯に「ねこまんま」と呼ばれるものがありました。

 

ねこまんまは人間が食べるごはんの残り物である、お米に味噌汁をかけたものを指します。

 

キャットフードが世の中に認知され始めてからも、餌代の節約のためにねこまんまを食べさせている飼い主さんもいらっしゃいました。

 

 

しかし、当然のことながらこのねこまんまは猫にとってはよい食事とは言えません。

 

栄養成分の観点から見ると、そもそも猫が苦手な炭水化物を摂取し、さらに塩分も過剰摂取になってしまいます。

 

一方で、猫に必要な成分である肝心の動物性タンパク質や脂質がほとんどとれません。

 

これではとても猫にとって健康的な食事とは言えず、むしろ寿命を縮めてしまうような栄養成分です。

 

今ではキャットフードが主流となり、ねこまんまをあげている人はほとんどいなくなりました。

 

節約のためにねこまんまに切り替えるようなことは決してやらないようにしましょう。

 

 

また、人間が食べることができても、猫にたべられない物は他にもあります。

猫にNGな食べ物

ネギ類(たまねぎ、ネギ等)

ネギ類は猫に絶対に与えてはいけないものの一つです。

 

ネギ類に含まれる成分には、猫の赤血球を破壊してしまう成分が含まれます。

 

これはネギ中毒と呼ばれ、血尿が出たり、嘔吐、下痢、ふらつき等の症状を発症します。

 

少量であれば重症にはなりませんが、大量に摂取したり、子猫やシニア猫、体調が悪い猫が摂取した場合は、重度の貧血を起こし、死に至る場合もあります。

 

もちろん、ネギ単体だけでなくスープの具やハンバーグなどに入っているのもNGです。

 

人間の食べ物を猫にあげてはいけない理由にはこのようなリスクも含まれているからなのです。

 

チョコレート

チョコレートやココアに含まれる成分にテオブロミンという成分があります。

 

猫はこの成分を分解することができず、嘔吐、下痢、血圧の変化、痙攣などの症状を引き起こします。

 

こちらも重症化すると死に至る場合もあるので、絶対NGの食べ物です。

 

イカ、タコ

生のイカやタコにはチアミナーゼという成分が含まれています。

 

この成分はビタミンB1を分解し急性ビタミンB1欠乏症という症状を引き起こします。

 

食欲低下、嘔吐、ふらつき等の症状を引き起こします。

 

こちらも重症化すると昏睡状態になり死に至ることもある絶対NGの食べ物です。

 

なお、加熱すればチアミナーゼは効力を失いますが、なるべくなら避けておいた方がよいでしょう。

 

アワビ、サザエ

アワビやサザエにはフェオフォーバイドという成分が含まれています。

 

この成分は光線過敏症という、いわゆる皮膚炎のような症状を引き起こします。

 

最初は耳を掻きむしったりするうちに、重症化すると耳が落ちてしまうということもあります。

 

アボガド

アボガドにはペルシンという成分が含まれています。

 

この成分は中毒症状を引き起こし、痙攣や呼吸困難になることもあります。

 

猫には絶対に与えないようにしましょう。

 

生卵

生卵にはアビジンという成分が含まれています。

 

この成分は大量に摂取すると皮膚炎や結膜炎などを引き起こします。

 

加熱すればこの成分は壊れるので、卵類は必ず加熱するようにしましょう。

 

レバー

レバーにはビタミンAが豊富ですが、与えすぎるとビタミンA過剰症を引き起こします。

 

骨の変形等を引き起こすので注意が必要ですが、大量に摂取しなければビタミンAやB群を補給できる良い食べ物です。

 

食べすぎに注意しましょう。

 

生豚肉

生の豚肉にはトキソプラズマという寄生虫がいる場合があります。

 

トキソプラズマ症と呼ばれ、人間も感染する可能性があるものですが、症状が出ないことも多いので、一般的にはあまり認知されていないようです。

 

しかし、個体によっては重症化し死に至ることもあります。

 

加熱すれば死滅するので、豚肉は絶対に加熱して与えるようにしましょう。

 

魚、鶏の骨

昔の漫画やアニメでは魚の骨を加えた猫の描写などがあったかもしれませんが、骨は猫に与えてはいけません。

 

猫の喉や消化器官はとても細くなっており、骨が刺さったり、消化器官に詰まって窒息を引き起こす危険性があります。

 

骨は一切必要ないので、しっかりと取り除いてから与えるようにしましょう。

 

なお、同じ理由で喉に詰まりそうな大きな食べ物は避けるようにしましょう。

 

牛乳

牛乳は猫に与えることが多い飲み物ですが、実は牛乳に含まれている乳糖という成分をうまく分解できない猫もいます。

 

下痢や軟便を引き起こすこともあります。

 

そのような猫には猫用のミルクをあげましょう。

 

コーヒー、お茶

コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、猫にとって興奮作用があります。

 

カフェインが含まれている食べ物はあげないほうが無難でしょう。

 

アルコール

猫の肝臓は人間とは違いアルコールを十分に分解できません。

 

少量で酩酊状態になることもあり、非常に危険です。