絶対に避けるべきキャットフードの原料をご紹介

キャットフードには猫ちゃんたちの健康を害する成分が含まれている

 

キャットフードには様々な種類の物があり、食いつき、味、値段、栄養成分等、たくさんのことを考えなければいけません。

 

しかし、これらももちろん大切なことなのですが、猫ちゃんの健康にとって非常に重要なことがあります。

 

それは、猫ちゃんのために作られたキャットフードなのに、実は猫ちゃんたちにとって体に良くない原料が含まれていることがあるということです。

 

 

前述した要素もとても大切なことなのですが、キャットフードを購入する際には原料を必ず確認しましょう。

 

ここでは、猫ちゃんたちの健康を害する原料の確認方法をご紹介します。

 

4Dミート

まず、キャットフードの原料で一番危険な物は、「4Dミート」と呼ばれる原料です。

 

これは、私たち人間が食べることのできない肉のことを指しています。

 

具体例をあげると、安楽死させられたペットや家畜、スーパーで腐ってしまい廃棄された肉、家畜動物の糞、くちばし、羽等、考えられないような肉等が含まれているのです。

 

 

特に市販のキャットフードに多いのですが、これらの肉類を原料で使っている物が普通に売られています。

 

やはり値段を安くするためにこのような肉類を使っているのですが、当然、猫ちゃんたちの健康にとっても非常に危険な原料になるので、絶対に食べさせてはいけません。

 

 

具体的に原料名として書かれている表記は、「肉類」と書いてあるものは要注意で、ほとんどが肉類の後に()があり、この中に「ミール」「パウダー」「副産物」が書かれていたら選ばないようにしましょう。

 

逆に安全な表記は「鶏肉」「牛肉」等としっかりと書かれているものならば安心です。

 

添加物

添加物は私たち人間も避けるべき原料としてよく知られているものです。

 

キャットフードに含まれている添加物の中で非常に危険性が高いものは、「BHA(ブチルヒドロキシアニソール)」「BHT(ブチルヒドロキシトルエン)」です。

 

主に酸化防止のために使われている成分ですが、殺虫剤やガソリンの酸化防止剤にも使われており、なんと発がん性がある成分なのです。

 

当然、私たち人間が食べる食品添加物として使用することは認められていないのですが、キャットフードには普通にこれらの成分が入っていることがあるのです。

 

また、ドライフードの防腐剤として使われる「エトキシキン」も要注意。

 

日本では食用の他、農薬としても使用が禁じられているほどの強い毒性を持っています。

 

これらの成分の表記があったら絶対に避けるようにしましょう。

 

 

その他、保存料、着色料、香料、塩等もなるべく避けた方がよい原料です。

 

これらは私たち人間の食品にとっても別に必要のない成分として知られている添加物です。

 

 

このような成分はキャットフードをコストを抑えつつ長持ちさせたりする目的で使われているのですが、やはり猫ちゃんたちの健康にとっては非常に悪いものとなっています。

 

キャットフードを選ぶなら、ぜひ無添加の物を検討しましょう。

 

穀物(グレイン)

穀物(グレイン)も猫ちゃんたちにとって良くない成分の一つです。

 

と言うのも、猫はそもそも肉食動物であり、元々穀物は体に合っておらず、消化を苦手としています。

 

穀物を過剰摂取すると消化不良や毛並みの悪化、様々な病気を引き起こす可能性があります。

 

 

この穀物は栄養うんぬんのためではなく、単純にキャットフードの量を水増しするためだけに使われています。

 

「小麦粉」「トウモロコシ」「コーングルテン粉」「玄米」等の表記がある物は避けるようにしましょう。

 

逆に穀物が使われていないキャットフードには、「グレインフリー」と謳われていることが多くなっています。

 

 

このように、猫ちゃんのために作られたはずのキャットフードには、考えられないような危険な成分が含まれています。

 

値段や量ばかりに気がいってしまうと、大切な猫ちゃんの健康に悪影響を与える可能性があり、原料は絶対にチェックする必要があります。

 

 

最近では、しっかりと猫ちゃんの健康を考え、安全な原料を使用したプレミアムフードという種類のキャットフードも販売されています。

 

多少、市販のキャットフードよりもコストは高くなりますが、飼い猫のことを考えるならば、値段だけ安い粗悪品は避け、しっかりと安全性や栄養価の高いキャットフードを選ぶべきだと思います。