理想的栄養バランスのキャットフードを徹底調査

猫が必要としている栄養素

 

 

猫ちゃんたちにとっての理想的な栄養バランスがとれた食事を与えるには、まずは猫ちゃんたちが必要としている栄養素を抑えておかなければなりません。

 

猫ちゃんたちが必要としている栄養素は、以下の通り。

 

  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 炭水化物

 

になります。

 

 

また、一般的に「総合栄養食」と表記があるキャットフードが栄養素バランスよく調整されたキャットフードとなります。

 

総合栄養食以外の一般食と表示されている猫缶などの場合は、栄養が偏る可能性があるので注意しましょう。

 

今回は、その「総合栄養食」の中でもさらに理想的なバランスを追求したキャットフードも含めてご紹介します。

タンパク質

猫ちゃんにとって最も重要な栄養素がタンパク質です。

 

人間はもちろん、他の動物にとっても最も重要な栄養素であることで知られています。

 

タンパク質を摂取することにより体内ではアミノ酸が生成され、人間と同じように必須アミノ酸も存在します。

 

特に重要なのはタウリンというアミノ酸で、タウリンが不足すると失明や心筋症などを引き起こすリスクが高くなります。

 

他にもタンパク質の不足は、食欲の減退、成長不良、体重低下、皮毛の劣化、母乳の減少などの症状が現れることもあります。

 

肉食の猫はタンパク質を多く取る必要があり、犬よりも多くの量を必要としているので、ドッグフード等で代替はできません。

 

キャットフードを選ぶ上で、高タンパクの物であることは必須の条件となります。

脂質

人間と違い、炭水化物をエネルギーにすることが苦手な猫ちゃんたちにとって、脂質は大切なエネルギー源になります。

 

人間は脂質を摂りすぎると肥満などの症状が出るので、あまりよく思っていない人もいるかもしれませんが、猫ちゃんたちはたくさんの脂質(脂肪酸)を必要とします。

 

特に重要なのがオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸と呼ばれている成分で、血液の調整や免疫力の増加などに寄与します。

 

キャットフードを選ぶ上で、高脂質のフードを選ぶようにしていきたいところです。

ビタミン

私たち人間と同様、健康維持のためには欠かせない成分です。

 

健康な皮膚、感染症の予防、赤血球の生成などの働きに繋がります。

 

ビタミンCに関しては、猫は体内で生成されることがわかっているので、体内で生成されないビタミンAやビタミンDが含まれているかが重要になります。

ミネラル

人間と同様に、鉄分、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが必要です。

 

ミネラルは骨の生成や筋肉、神経のバランスの維持など、健康にとってとても大切な成分です。

 

ただし、ミネラルは多すぎても少なすぎてもNGで、過剰摂取すると、尿結石になりやすくなる等の可能性があり、少ないとミネラル欠乏症から健康への阻害があります。

炭水化物

猫ちゃんたちにとってあまり必要としていない栄養素です。

 

炭水化物をエネルギーにすることが苦手な猫ちゃんたちにとって、むしろ摂取しすぎると、高血糖、下痢、おなら等が発生しやすくなることもあります。

 

 

ただし、猫本来の食べ物(ねずみなどの動物)には炭水化物がわずかながらに含まれており、一応、エネルギーとして使うことも多少はできるようです。

 

普段から全く摂取していないと、突然、炭水化物が含まれている物を食べた時に下痢などを起こす可能性があるので、少量であれば含まれていても問題はないでしょう。

 

キャットフードに35%までなら十分消化できると考えられています。(35%とは、キャットフード100グラムにたいして35グラム含まれるという意味)

動物にとって水分が大事なのは既に知っての通りかと思います。

 

猫にとっては泌尿器系の予防にもなるので、適量を毎日飲ませてあげる必要があります。

 

キャットフードにも水分は含まれていますが、この部分については、普通に水を飲むことで代替可能なので、あまり気にする必要はないでしょう。

理想的栄養バランスを考えたキャットフードカナガン

カナガン

 

理想的な栄養バランスを考えて作られたのがカナガンのキャットフードです。

 

高タンパク、高脂質であり、ビタミン、炭水化物、ミネラルも適量に調整されているキャットフードとなっています。

 

また、タンパク質において重要なタウリンもタウリン2,200mg/kg 配合、ビタミンも猫が特に必要なビタミンAやビタミンDの配合、良質の脂肪酸であるオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸配合と、ポイントをしっかりと抑えた成分を配合しています。

 

 

もちろん、4Dミートの不使用やグレインフリーで、安全もしっかり配慮されています。

 

食いつきも良いのでまさに理想的なバランスのキャットフードと言えるでしょう。