みんなに選ばれているグレインフリーキャットフードをご紹介

猫ちゃんに不要な穀物が使用されていないキャットフード

 

 

猫ちゃんの健康に害を与える可能性があるにも関わらず、穀物はキャットフードの量を水増しするためだけに使用されていることが多い原料です。

 

普段、私たちが店頭に出向いて販売されている安いキャットフードでは、ほとんど穀物が使われていると言ってよいでしょう。

 

 

しかし、プレミアムフードと呼ばれる猫ちゃんたちの健康、栄養、食いつき等をよく考えた高品質のキャットフードには、穀物が一切入っていない(グレインフリー)物もあります。(プレミアムフードと謳われているものでも穀物がかなり使われているフードもあります。)

 

今回は、グレインフリーのキャットフードの中でも特におすすめの商品をご紹介します。

 

そもそもなぜ穀物がいけないのか?

トウモロコシ、小麦、米、玄米などの私たちが普段から普通に食べている穀物ですが、猫にとっては全く必要のない食べ物なのです。

 

猫は本来肉食の動物であり、肉や魚を主食としています。

 

そのため、体のつくりとしてそもそも穀物を上手に消化できるようになってはいないのです。
(ちなみに体の消化器系の機能はもちろん、猫の歯も穀物をすりつぶすようなことができない作りになっています)

 

影響としては、猫が穀物を食べると消化不良を起こし、下痢やおう吐はもちろん、腸内の環境も悪化しやすくなってしまいます。

 

穀物は炭水化物が含まれており、炭水化物は糖質なので、過剰摂取することにより、肥満や糖尿病のリスクも高まります。

 

また、特に子猫にはリスクが高いのですが、消化不良の物を食べ続けてしまうと食物アレルギーになるリスクもあります。

 

そうなると、皮膚や毛並みが悪くなってしまう等、ただの消化不良と思っていても様々な影響が出てしまうのです。

 

 

キャットフードを作っているメーカー側も、安価に量をかさ増しできるという理由だけで穀物を使っています。

 

このように、穀物は猫ちゃんたちへの健康被害が大きい食べ物なので、大切な猫ちゃんたちのためにもグレインフリーのキャットフードを選ぶことをおすすめします。

 

口コミでも評価が高いグレインフリーのおすすキャットフード

 

カナガン

 

プレミアムフードの中でも断トツの人気を誇るカナガンキャットフードです。

 

イギリスの最高級のキャットフードとして、穀物が使われていないのはもちろん、無添加、高タンパク、低炭水化物と、猫ちゃんの健康を考えたバランスのとれた内容になっています。

 

厳選された健康的な原材料が使われており、人間でも食べることができる安全性の高い素材となっています。

 

子猫からシニア猫まで食べることができ、これらの猫ちゃんでも喉に詰まったりしないように普通のサイズより小さめに作られている等の配慮もされています。

 

 

グレインフリーとしてだけではなく、猫ちゃんへあげるキャットフードとしては理想的な内容になっているので非常におすすめです。

 

 

 

シンプリー

 

シンプリーもプレミアムフードの中では人気上位のキャットフードです。

 

こちらもグレインフリーで無添加、高タンパク、低炭水化物と安全性が高い内容となっています。

 

特徴としては、低カロリーのキャットフードなので、シニアの猫ちゃんには特におすすめで、原料の半分以上にサーモンを使っているという抜群の食いつきがあることもポイントです。

 

ドライフードへの食いつきに悩まされる飼い主さんも多いかと思いますが、こちらのシンプリーは思わず猫ちゃんたちが飛びつくような素材を使用しています。

 

カナガンのほうが総合的にはバランスがとれたキャットフードではありますが、シニア猫ちゃんやサーモン好きな猫ちゃんであればこちらのほうも試してみてもよいかもしれません。