安全性の高い、無添加、穀物不使用(グレインフリー)のキャットフードランキング

無添加、穀物不使用ならプレミアムキャットフード

 

 

猫ちゃんたちに食べさせるキャットフードを選ぶときに重要な基準となる安全性。

 

実は市販のキャットフードには、とても人間が食べられないような物が原材料として使われていることが多く、コスト削減のために粗悪な素材を使っていることが多いのです。

 

飼い主として、大切な猫ちゃんたちのためにも安全性の高いキャットフードを食べさせたいのは当然のことです。

 

 

では、具体的にどのように良い悪いを見分けるかというと、まず人間と同じように無添加の物を選びましょう。

 

無添加と言っても何が猫にとっての添加物かわからない方がほとんどだと思うので、主な添加物を挙げておきます。

 

防腐剤

キャットフードを長持ちさせるために使用されているものです。

 

特に危険な物は「BHA・ブチルヒドロキシアニソール」「BHT・ブチルヒドロキシトルエン」「エトキシキン」と呼ばれるもの。

 

これらは非常に毒性が強い添加物なので要注意です。

 

着色料

肉などが含まれている場合は変色しやすいので、単純にキャットフードを美味しそうに見せるために使われるものです。

 

猫自身は色についてはこだわらないですが、餌をあげる飼い主にとっての見た目の問題を気にしています。

 

赤色の着色料、亜硝酸ナトリウム、青色の着色料等は猫の健康を害するおそれがあります。

 

香料

猫の食いつきをあげるために使われます。

 

本来、ちゃんとした原材料を使っていれば人工的にあげる必要がないものです。

 

その他

プロピレングリコール、クエン酸(変色防止)、ショ糖、ソルビン酸カリウム(保存剤)、アフラキトシン(防カビ剤)、没食子酸プロピル(腐敗防止剤)なども添加物とされています。

 

穀物不使用(グレインフリー)

穀物は猫にとってうまく消化することのできない食べ物です。

 

人間にとっては普通に食べている物ですが、猫が食べると下痢やアレルギー、肥満、糖尿病などのリスクを高めることになります。

 

キャットフードには単純に量をかさ増しするために使われています。

 

 

「穀物不使用」「グレインフリー」「ノーグレイン」などと謳われていればそのキャットフードには穀物は使われていません。

 

無添加、穀物不使用のキャットフードランキング

無添加、穀物不使用の条件を満たすものは市販のキャットフードの中にはあまりありません。

 

主にプレミアムキャットフードと呼ばれる高品質の物がこの条件を満たしています。

 

カナガン

プレミアムキャットフードの中で圧倒的な人気を誇るキャットフードです。
栄養バランスに優れ、安全性もしっかり追求されており、無添加、グレインフリーとなっています。
主成分としては新鮮な鶏肉を使用しており、その原材料の安全性も高く、人間でも食べられるほどの仕上がりとなっています。

 

 

 

 

 

シンプリー

主成分として新鮮なサーモンを使っているプレミアムキャットフードです。
高品質なサーモンが使われているため猫ちゃんたちの食いつきが非常に高いところもポイントの一つ。
こちらは特にタンパク質が非常に多く含まれており、栄養バランスもしっかりと追求されています。
もちろん、無添加、グレインフリーです。

 

 

 

 

オリジン

世界50カ国以上で販売されている実績からもとても人気のあるプレミアムフードの一つです。
こちらも添加物や穀物は一切使われておらず、高タンパクで品質はとても高い物となっています。
ただし、人によっては少々コストを高く感じられるかもしれません。